KimmyFITness

元酪農家がダイエットきっかけでトレーナー、ボディビルダーの道へ。ダイエット、フィットネス、健康について書いてます。より生活を豊かに。よりフィットネスを身近に。Twitter/Instagram→@kimmy_diet158

1年前の日記

こんばんは(^^)

 

ちょうど1年前

スマホにメモ書きのように日記を書いてました。

 

それがこちら。

 

f:id:kimmy_strongbody:20180528161043j:image

 

ちょうど1年前もコンテストに向けて減量期間中。

 

カロリーカットしては、キレ食いの繰り返し。

そして、過食嘔吐の名残で

「食べては吐く」の繰り返し。

 

減量中どうしても、

アンダーカロリーになります。

そして、食欲が暴走してしまうこともあります。

 

でもそれって、自然なことなんですよね。

食べることは生きるための行動なので、

それを制限しようと思うと身体が拒否反応を引き起こすのも自然なことなんです。

 

去年の私は、

その強い食欲が「悪」と捉えて、

食べることが悪いこと。

食べたらその代償を行動に移さないとダメ。

というような思考になっていました。

 

吐くことは身体にとって

めちゃくちゃ負担になります。

顔も浮腫むし、

扁桃腺も腫れるし、

内臓にもかなり負担がかかります。

 

過食嘔吐がやめられない。

という相談をも何度か受けましたが、

私もその1人でした。

 

今でも強い食欲が悪に感じてしまうときもあります。

そんな時はまず冷静に考えるように努力します。

 

強い食欲が引き起こされる原因は?など。

 

さらに、食べ過ぎてしまったとき

後悔や罪悪感を感じることを辞めました。

 

美味しかった!!

食べて良かった!!

 

というように意識付けを

騙されたと思ってやってみてください(^^)

 

翌日からの切り替えが

早くできるようになりました(^^)

 

食べ過ぎた

極端に減らす

食に対しての満足度が減る

また強い食欲に襲われる

 

これを繰り返すのが一番避けたいところ。

 

食べ過ぎた

身体に必要だった!

美味しかった!

明日からまた通常食に戻そう。

 

このサイクルが出来ると

過食の回数は格段に減らせました(^^)

 

過食嘔吐に対して

負い目を感じることばかりでしたが、

今はそう思わなくなりました。

減量スピードが遅くなるので、

今は食欲が強く出たときは、

好きなものを程々に食べるようにしています。

 

コンペティターに多い摂食障害ですが、

正しい食への向き合い方で必ず治ります(^^)

 

いつでも相談してくださいね゚ ✧˖ ٩( ‘ω’ )و ✧ ˖゚

 

Twitterhttp://twitter.com/kimmy_diet158  

Instagramhttp://www.Instagram.com/kimmy_diet158