KimmyFITness

元酪農家がダイエットきっかけでトレーナー、ボディビルダーの道へ。ダイエット、フィットネス、健康について書いてます。より生活を豊かに。よりフィットネスを身近に。Twitter/Instagram→@kimmy_diet158

食べ過ぎてしまう自分に "Say Goodbye"

はい、どーも

きみーん (@kimmy_diet158) です!

 

 

前回、

「私たちの満腹度、実はいい加減」

ということを書きましたw

 

 

 

kimmystrongbody.hateblo.jp

 

 

少量で満足するときもあれば、

食べても食べても満たされない!!!

ってこと、ないですか?

 

 

あともうひとつ、

お腹が減ってるわけじゃないのに

常に何かを食べてしまうダラダラ食い

 

カップに入ったカフェラテを何cc飲んだ?

朝から何gの食べ物を胃に入れたのだろう?

 

 

f:id:kimmy_strongbody:20190109073348j:image

 

そうです、

胃に数は数えられないのです(´、ゝ`)w

 

何をどれだけ食べているかは

で判断してるのです!

ということは?

胃袋ではなく、目で満腹感を感じるってこと!

 

 

こんな経験はないですか?

 

〇デスクの見える範囲、手が届く範囲にチョコが置いてある。

〇食べなくてもいいものだとわかっているのに、コンビニスイーツをついつい手にしてしまう。

〇食べ放題に行けば、お皿いっぱいに盛った方が、お得感が出るような気がして、いつもそうしてしまう。

 

食べ過ぎてしまうシチュエーションを

無意識に作りだしてるんですよねw

 

じゃあ!

無意識に作り出していた食べ過ぎシチュエーションを、意識的に変える習慣作りを5つ紹介します!

 

  1. 見える範囲に食べ物を置かない。
  2. お皿はワンサイズ小さいものを使う。
  3. ビュッフェに行く回数はほどほどに。
  4. 敢えて食べづらいものを選ぶ。
  5. ポジティブな意識変換

 

この5つは、目次だと思ってもらって

なんでこれがいいんだろう?

とイメージしてみてください!

次回、この習慣作りのメリットを書きたいと思いますw

 

では、ごきげんよう

 

instagram.com